瞑想を楽しむ50代

効果的に瞑想を始めてみましょう。

瞑想とは「心を鎮めて自身と向き合い、今の自身の心がどう感じているか知ること」です。

瞑想を行うことにより、心が落ち着きます。

頭の中のもやもやが少しずつ整理されて、やがて前向きな気持ちになります。

これは、瞑想の大きな効果のひとつで、脳内ホルモンの“セロトニン”が分泌されることにより

余計なストレスを減らし、雑念にとらわれなくなるからなのです。

瞑想がもたらす効果は大きく分けて3つあります。

1、ストレスが減少する 2、集中力が高まる 3、ポジティブになれる というわけです。

日常、ストレスの中で過ごしている私達は、瞑想によって、不安やストレス、そして物事をより客観的に見る訓練をし、自分の感情をコントロールしていくことが必要なのです。

効果的な瞑想のやりかた

瞑想の座り方はあぐらが一番簡単です。

あぐらは床と体の接する面が広く安定して座れます。座布団やクッションなどをお尻の下に敷いても構いません。あごを軽く引き、背筋をまっすぐ伸ばし、耳と肩のラインを一直線にします。

瞑想中、両手は太ももの上に軽く添えます。手のひらは、上向きでも下向きでも大丈夫です。まぶたをほんの少しだけ開く「半眼」で1メートル先をぼんやり見るというのが一般ですが、完全に目を閉じても大丈夫です。

瞑想は基本的に複式呼吸です。

基本的には鼻から5秒吸い、鼻から10秒吐きます。初心者は慣れてくるまで、3秒吸い6秒吐くなど、吸った数の倍の数を吐くようにしましょう。

瞑想は20分くらいおこなうのが理想的です。20分おこなうと、セロトニンの分泌などによりさらなるリラックス効果が高まるからです。

瞑想は、いつでもどんな場所であっても、簡単に自分を整えることが出来ます。

50代の今、自ら精神的な安息を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました