50歳からやる効果的な筋トレ


「定年後は、毎日ジムに通って体を作るよ」

定年間近の先輩たちがよく言う「ジム通い」確かに、老後を楽しく健康に生きるためにも、筋トレはとても重要な要素になります。

しかし、筋トレは大変だし辛いし、どうせ続かない・・・と踏み出せないものです。

見た目が変わる節目の50代、鏡に映る自分の顔や体にガッカリしていませんか?
体力や気力が落ちて、今まで出来てたことが急に出来なくなったりしてませんか?

50代は代謝が落ちて痩せにくい、脂肪が落ちにくいのは事実ですが、正しい知識とトレーニングを継続すれば、必ず筋肉量は増え、体型が保たれます。

筋トレは、血糖値を下げ、糖尿病の予防、血液の循環もよくなり、高血圧の予防や心臓病などにもとても有効なのです。

まずは何歳から筋トレを始めても筋肉は増えます。50代でも、正しいトレーニングと食事で体型の改善が十分に期待できます。

中年でも頑張れる筋トレで、いつまでも若々しく動ける体を維持したいと思いませんか?ジムに通うのにまだ抵抗がある人は、インターネットなどで知識を得て実際にやってみましょう。

検索すれば、50代でこれまで筋トレをしてこなかった方向けに、自宅で簡単にできる筋トレメニューがたくさんあります。

サロン専売EMSが解禁【スリムパッド】

① スクワット 下半身や腹筋はもちろん、基礎代謝の上昇や、脂肪の燃焼効果が期待できます。
② ブランク  体幹を鍛えるプランクは誰でも簡単に行うことができます。うつ伏せの姿勢から肘で上半身をあげて、つま先で下半身を支えて一直線で姿勢をキープするエクササイズです。
③ クランチ  主にお腹辺りの筋肉を鍛えることができます。かっこいい体型を保つためにも腹筋運動はぜひ取り入れていきましょう。
④ 腕立て伏せ 腕・胸等の上半身の筋肉を万遍なく鍛えることができ、姿勢維持に大事な体幹も鍛えることができます。

注意したいのは、筋トレを始めるときには、しっかりウォーミングアップを行ないましょう。硬いままの体で始めるのは、怪我のもとです。

そして、効果的に筋力アップをはかるために、絶対に正しいフォームを心掛けましょう。
正しいフォームで行わないと、鍛えたい部位に刺激を与えることができず、折角筋トレをしたとしても、バランスの悪い体になる恐れがあるからです

食事も筋トレのうちです。、タンパク質は筋肉を作るのにとっても重要な栄養素です。食事にも気を配ることで変化も早く表われるので筋トレを始めるならこれまで以上に食事管理を心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました